看護師

適切な治療で鬱状態を改善|精神的疾患を解消するのに有効な対策

自覚が困難なうつ病

病院

非定型うつ病は一般的なうつ病とは異なる病であり、心が鬱状態になってしまった方のほとんどはこの非定型うつ病であることが多いです。現在では新型うつ病としても呼ばれており、20代から30代の女性が発症しやすいといわれています。心が鬱状態になるだけでなく体重が大きく増減したり、不眠や過眠などの睡眠障害を発生させてしまう可能性が高いです。また興味や喜びといった感情が喪失してしまい、これまで興味を持っていたものに関心を示さなくなることがあります。非常にいろいろな種類の症状を発症させるため、病院で診察を受けた場合は症状の調査を行なうのが一般的です。症状が進行してしまうと自分の存在に価値を感じなくなったり、罪責感を感じたりすることが多くなるため日常生活を楽しく過ごすことができません。過食や感情の喪失などいろいろな症状が発症している場合は非定型うつ病の可能性があるため、病院で診察を受けて状態をチェックしてみましょう。また場合によっては思考能力の低下によってうまく物事を考えられなくなったり、自殺や死に関して考えるようになることがあります。自傷行為などに発展する危険性もあるため、こうした症状が発生した場合はなるべく早めに病院へ相談を行なわなければなりません。

非定型うつ病は鬱状態の症状が軽く、散発的に症状が現れるのが一般的です。そのため時期によって気分が大きく沈んだりすることもあれば、通常通りに感情を表現することもあります。気分反応性によって興味のあることや好きなことになると鬱状態からすぐに復帰することができるため、人によってはうつ病とは感じずに日常生活を続けている場合も多いです。通常のうつ病ではよく見られる拒食や不眠などが発症しないため、うつ病として診断されにくいのも特徴の一つになっています。逆に食事を取る回数が大幅に増えたり、眠る時間が以前より長くなった場合は非定型うつ病である可能性が高いです。過食や過眠などの症状が現れた場合は医師に相談を行ない、非定型うつ病であるかどうかを診察してもらいましょう。非定型うつ病は発症するとちょっとしたことで落胆したり、自宅へと引きこもってしまうようになります。また症状が進行すると大きな倦怠感を感じてしまい、鉛様麻痺を発症してしまう可能性が高いです。こうした症状が発生してしまうと身体を少し動かすことも面倒に感じてしまうため、学校や仕事に行くことができません。

Copyright© 2016 適切な治療で鬱状態を改善|精神的疾患を解消するのに有効な対策 All Rights Reserved.